タグ別アーカイブ: 観光

夏の日の午後

”今年の暑さは異常”

確か、一昨年あたりにも同じようなセリフを聞いていた覚えがある。

人に備わった便利な機能「物忘れ」

そのお陰で、経験したことが無いらしい「暑さ」に毎年のように出会うことが出来る。

それも、この「みなみしまばら」という場所の良いところかもしれない。

前浜海水浴場 SUP

来週はもう9月。朝夕感じる涼しさは、すぐそこまで秋が来ているという事を感じ取ることができる。

今年の夏は、たくさん水にさわった。

36年の思い出の中で、小学4年以来だろう。潜ったり泳いだり、川で遊んだりと、本当に子供の頃に戻った様だった。

プールでは潜水のみで16mという目標を立て、もともと苦手だった水泳を必死で練習した。バタ足を使わずにフィンをつけた様に泳ぐその感覚はよく使う表現だが、魚になった様な気分だった。

プールの底を無心になりながら泳ぎ、手が壁に触れた瞬間、水面に上げた顔は、おそらく最高の笑顔になっていたのだろう。

もう一つ、みなみしまばらで水といえば「滝」がある。

その中でも遠足で良く行っていた「戸ノ隅の滝

戸ノ隅の滝

何百回も見たことが有るのに、毎回なぜか感動してしまう。

その大きさと、神秘的な赤い色の川。その周りには苔が多く生え長い歳月をかけて出来た景色ということがわかる。

滝に近ずけばその水圧と水しぶきに体がよろめいてしまう。滝壺の濃いブルーは、この滝特有の深い色をしている。

戸ノ隅の滝

子供の時には気が付かなかったが、この滝はとてもカラフルだ。

龍の血で染まった赤い石と、苔むした岩肌の緑。鉄分の多い水なのに綺麗な深い青。

ずっと変わらない20年だったのだろうけど、何故気が付かなかったのだろうと不思議に思う。

そして、最近になって教えていただいた名も無き滝「三連滝」

なんども紹介している滝だが、行くたびに毎回表情が違う。

第一の滝

深い山の中に有るその滝は、三つで一つの滝になっている。この写真は第一の滝。日の当たるいい条件の日には本当に美しい青い色をしている。

第二の滝

比較的に小さく緩やかな第二の滝。水の流れる平らな岩肌の上にカメラを固定し撮影した。この位置からならば、ウェットスーツを着てキャニオニングの様な事をしても少々の怪我で済む気がする。

第三の滝

この第三の滝は、以前のブログでも何度か写真を紹介しているのだが、この日は流れも穏やかで陽の光が適度に入り、とても美しかった。

この名も無き滝「三連滝」は、梅雨の時期や夏の終わり頃の一定の期間でしか現在は見ることが出来ないらしい。

地元の人の話によると、昔は一年を通して水が流れていたそうだ。この滝の下流には、とても綺麗な川が流れているが、今はこの滝と同様、少しの間しか見ることが出来ない。

長い間全く変わっていない筈の「戸ノ隅の滝」

人の手によって変わってしまった「三連滝」

この二つのどちらも、人間の便利な「物忘れ」のお陰でいつまでも新鮮な気持ちで見ることができる。

ただ一つ、いつになったら変わらない事の大事さに気がつくのだろうとも思う。この二つの滝は、そのわかりやすい見本の様な気がする。

今のままにしておけば、いずれどちらかの滝は消えて無くなってしまうだろう。

感覚として感じることが出来ないほどの、ゆっくりとした変化。

それは、変わらないで欲しいと願う人の気持ちによって、その時間を止めることができる様な気がする。

夏の暑さの様に、毎年忘れてはいけない。

幻の青い滝

浜辺の理容院

南島原には、古くから続く理容院が今も多く残っています。その中でも建物が素敵すぎて思わず入ってしまった「浜辺の理容院」を紹介したいと思います。

去年の年末ライフワークである、みなみしまばら一人歩きをしていました。

場所は加津佐町。

その日は強い雨が降っておりまして、傘をさしていてもずぶ濡れになるほど。

私は、雨の日に外を歩くのも好きなので全く気にせず商店街をフラフラと歩いていました。そんな大雨の商店街に思わず目を奪われる建物が。。その日はすでに営業を終了されておりましたが、窓際でご主人が理容道具の手入れをしている姿が。きっと良い仕事なのだろうなと思いながら後日訪問してみることに。

レトロなストライプの日除けに年季の入ったサインポール。特徴的なのは全て木枠のままの窓。

なんかジブリ作品の舞台になりそうな、映画のロケ地になりそうな。その映画にはきっと、もたいまさこさんが出ています。

駐車スペースも十分にあるので、非常に入りやすい。この日は近所の床屋さんと2人で訪問。急な2人の若者?に対して、お店の方の目線は若干怪しんでいる感じが伝わってくる。

「何でしょう?」

それがお店の方の一言目でしたので。

予想していた通りの店内は本当に雰囲気のある空間。

レトロで素晴らしい。。外からの日差しがオレンジと白のテントを通って、店内を可愛らしく照らしていました。早速椅子に座って髪型をオーダー。いつも通りの「おまかせ」

その理由は、私の頭の形や髪質を見ながら職人さんが考えてくれるから。そのほうが何か幸せな感じがしますし、技術も感じれる。

軽快なハサミの音を聴きながら、ご主人の好きな釣りの話で盛り上がりました。私も釣りが好きなので加津佐辺りの釣り情報も同時に仕入れられる。正に一石二鳥。

隣では、奥様が別のお客様の顔そりをされていました。この奥様本当に面白い人なのです。最近は、嵐にどっぷりはまっているらしく、本当に嵐の話題が止まらない。大野くんのファンだというその表情は本当に乙女。

やっぱり夢中になれるものがある人は、キラキラ輝いている。そんな素敵な奥様です。

ここで、カットの模様をタイムラプスご覧ください。

(撮影:小田原さん)

タイムラプスでみると、本当に楽しいですよね。

カットから、顔剃り、マッサージに到るまで本当に気持ちよくて眠くなりました。特に感動したのが座ったまま行うシャンプー。スタンドシャンプーという技術みたいで、力が強くて本当にスッキリしました。それ以来、理容室に行くときは必ずスタンドシャンプーでお願いしています。

1時間程の時間は、ご主人や奥様との楽しい会話や、技術でとっても短く感じました。

今回、レトロな雰囲気に惹かれて入った浜辺の「理容長谷川」その建物は昭和の雰囲気をそのまま現代に残しています。もっともっと長い時間この場所に居たいと思える素敵な空間でした。最近こういう理容院が減っているのがちょっと寂しいです。

こういった人と会い、何気ないお話をする中で見つける地元。

みなみしまばらは本当にいいな。

(撮影:小田原さん)

 

 

 

 

最果ての地で

みなみしまばら市の秘境、空照洞穴(別名:行基洞)

以前ブログで紹介した、西有家八十八ヶ所霊場の第四十四番札所であるその洞窟は、八十八ヶ所巡りの衰退によって忘れ去られた場所となってしまいました。

今回は、その神秘的な場所を皆様に知っていただこうと思い、この空照洞穴について書こうと思います。

八十八ヶ所巡りは、今から約25年程前に無くなってしまいました。

盛んだった頃はマイクロバスを貸し切り、白装束を着た行者さん達が2日間かけて巡っていたそうです。現在でも、灘地区の方が旧暦の21日に毎月一番札所である太子堂でお参りをされていますので、ご興味のある方は一度訪れて見てください。

その方達に話を伺っても、正確な場所の説明は難しく「一切経の滝」から獣道を下り、ある場所を右に登る。また、別の方は大きな岩が登る場所の入り口だと教えていただき、探し出すのには、本当に色々な方のお力をお借りしました。

今回、ブログ用に写真を撮り直そうと一人そのお堂を目指しましたが先日の台風の影響で倒木が激しく、全く道がわかりにくい状況に変化しておりました。

一切経の滝に到着すると、ある場所から獣道に入ります。その先は本当に危険な場所が多くありますので、入り口の写真などは伏せさせていただきたいと思います。

道なき道を約20分程。(上記写真のような)その途中には、一切経の滝から流れる川があり、その流れが本当に美しくぼーっと何も考えない休憩を幾度か挟みながら向かいます。

 

その後、あるポイントから斜面を右側に登るのですが、前記した目標物の「大きな岩」というのは非常にわかりにくい為、向かわれる方は注意が必要です。

急な傾斜を登ること約15分程。

巨大な岩壁の中に突如、異界への入り口に続く階段が現れます。

(是非拡大してご覧ください。)

作られたのは何百年前か。全ての段に苔が生え、岩場には木の根が張り巡らされています。この日は山全体に少しだけ靄がかかりその神秘性がより際立って見えました。

昔の人はどのような思いで、この洞窟への階段を作ったのだろうと。そう考えながら、一段づつ登っていきます。

午前中の優しい光が、洞窟の上に空いた穴から差し込み、普段は真っ暗なお洞が明るく爽やかな雰囲気がありました。

何メートルあるのか、かなり高い天井と大人が何人も入れる空間。本当に自然にできたとは思えない場所です。

お洞の奥には、お大師様と雲仙の開祖でこの洞窟の名前にもなっている、空照さん(行基)の像が祀られています。また、この空間とは別に、空照さんが修行の際に寝ていたという部屋もあり、その場所にもお地蔵様が3体収められております。

(光を受けたお大師様の像)

静寂という言葉が本当に似合う空間。水滴の落ちる音と、風の音以外は何も聞こえません。

今から何年前か、

空照さんは一人、この最果ての地で何を思い日々を過ごされていたのだろう。

洞窟から外を眺めると、季節だけがその時の流れを教えてくれたのではないでしょうか。

そんな場所が、みなみしまばらには有ります。

 

 

川も楽しい、みなみしまばら。

最近、釣りばかりをしている為ほとんど魚を買うことがありません。

近ごろ南島原では、キジハタや大型のキスがたくさん釣れるのでお刺身や天ぷらにしてお酒のお供として楽しんでいます。。

と、ここまでは普通の釣り好きの日記なのですが、ここは南島原。海だけじゃないぞ、というところも紹介したいと思います。今回は、「川で小魚を釣る」子供でも楽しく釣りが出来て、しかもお手頃な、ハヤ釣り。

今回は、南島原市西有家町の上流にある川に来て見ました。とても綺麗なところなのですが、今回は雨の影響で濁りがあります。普通の川なのですが、とにかく景色が綺麗です。

(本来は清流)

早速仕掛けを紹介します。

準備するもの:細い竹の先っぽ・釣り用糸・針・浮き。

餌:みそ、小麦粉、酒を大さじ1づつコネた練り餌。

こんな感じで、ちなみに練り餌は大さじ1づつでも3〜4時間近く釣りが出来ます。家に有るもので簡単にできるのでお得ですね。

川の中に入って釣りをしても、冷たくて気持ちいいです。ツンツンと小魚が餌を食べる度にウキが沈む感じがたまらなく楽しいんです。ちなみに、流れが有る場合は丸いウキを使います。流れがない場合は、棒ウキの方があたりが取りやすいという特徴があります。

写真の赤い点が、ウキ。しばらく待つと、グン!っとウキが沈みます。この時、ウキが沈んですぐに合わせると逃げられるので、ちょっと我慢するのかコツらしい。その我慢に耐えられた時に、

ハヤが釣れます。小さい魚ですけど、とても綺麗ですよね。先日の感じだと多少流れの有る場所が食いつきがいい感じでがしましたので、是非ご参考にしてください。

スナフキンさんも、居ましたのでこの辺りは釣れるみたい。スナフキンさんすごくハヤ釣りが上手で、12匹釣り上げたうち、9匹はスナフキンさんの釣果でした。

ハヤは、不味いというイメージが有るようですが、唐揚げや南蛮漬けにするととても美味しいという話をきき、唐揚げにして見ました!

これが、冗談じゃなく美味しい。。もしかしたら、海の小魚よりも癖が少ないかも?小魚なので骨ごと食べれて素晴らしいです。

ハヤは、昔からの漁法に「ハヤ取り瓶」というものがあります。これはガラスの瓶のようなものに味噌を付けて川に沈めて待ちます。すると10分もしないうちに大量のハヤが取れますが、現在長崎県の多くの川では禁止となって居ますので、ご注意ください。

さて、自然豊かな南島原。海と山がとっても印象的な場所ですが、川も清流が多くてとても気持ちいいんです。ゆっくりと川の音を聴きながら釣り糸を垂らしてると、色んなことが流されて行くみたいで癒されますよ。

それではまた、次のブログでお会いしましょう。

 

 

ノスタルジック南島原

世間はお盆休みに入り、南島原にも帰省している方達の賑やかな声が聞こえてきています。

私は幼馴染が今年は帰省しないということで、その家のご両親と一緒にお酒を楽しみながらのおやすみスタート。私が近頃、南島原をうろうろとしているということをご存知だったようで、南有馬にある地蔵群を紹介していただきました。

とても気になり翌日即出発。

南有馬、古園にある「古園地蔵群」明治の頃に行われた廃仏毀釈によって、首を落とされてこの地域に埋められていた物が道路工事の際に掘り起こされ、地域の人によってこのように祀られています。全てのお地蔵さまの首に補修された跡がありちょっと痛々しい印象もありますが、お堂の中はとても綺麗にされており、地域信仰の深さを感じます。

詳しくは、廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)を調べていただければと思いますが、このように立派に掘られているお地蔵様を破壊し土に埋めるという。。ちょっと今では考えられない事が行われていたのです。

また、この地蔵堂の周りはとても長閑な風景が広がり本当に散歩するだけで心が癒されます。もし南島原ロングトレイルを企画したとするならば、絶対にコースに入れようと思います。ただ、今回写真を撮るのを忘れるという凡ミス・・・。次回、必ず撮影しようと思います。

そして、この地蔵堂から少し登った所に、南島原の文化遺産があるのです。あんまり知られていないのが勿体無いので、紹介したいと思います。

「南有馬宝篋印塔群」きちんとした南島原の文化遺産で、本当に綺麗に残っています。

この宝篋印塔は、民家の中庭の先にあるため全く表からは見る事ができません。とても綺麗に管理されておりますが、こちらのご主人は「足が悪いので、きちんと管理することも限界」とおっしゃっていました。早めに対策を考えないと、いずれその姿を見る事はできなくなってしまいます。

そして、今回のメインイベント「原城歴史民俗資料館」への潜入です。

続きを読む ノスタルジック南島原

公開・西有家新四国八十八ヶ所分布図

みなさまおはよう御座います。

以前より報告をさせていただいております。西有家新四国八十八ヶ所霊場の分布図を公開いたします。

また、現在は記録用として、お大師さまの表情の撮影、奉納者名簿等を含め、再度作成中です。まだまだお時間がかかりますので、追って報告させていただきます。

絶対に守っていただきたい注意点としては、民家の中など参拝しにくい場所が多々御座います為、所有者様の許可をとってからお参りするようにお願いいたします。

コースの中には、山中を長距離歩く場合などがありますので、体力に自信の無い方は、しっかりとした計画を立ててから回りましょう。

持ち物としては、

・線香(1箱以上必要です)

・蝋燭

・マッチやライター等(蝋燭にひをつけるため)

・虫除けスプレー

お参りの方法は、般若心経を奉納する方法もありますが、ご存知ない方は「南無大師遍照金剛」と7回唱えるという方法がありますので、ご自分にあったものを選んでください。

西有家八十八ヶ所霊場は、地域の人にとってとても大事な場所です。マナーを守って静かにお参りしてください。

全て車で順調に回ったとしても丸二日ほどかかりますが、地域の方と話をしながら回るお遍路がとても楽しいので、十分なお時間を持っておいた方が良いと思います。

少しずつ四季を通じて巡ると、島原半島の綺麗さを再発見できるのでオススメです。

西有家新四国八十八ヶ所霊場・番外編(空照立像・一夜大師)

7月も終わりに近づき、「西有家新四国八十八ヶ所霊場」の秘境、一夜大師と空照立像の探索に向かいました。

場所はなんとなく分かっていたのですが、連日の雨のお陰でなかなか山に入ることが出来ず、結局7月の最終週となってしまいました。

空照立像や一夜大師、行かれたことありますか?高岩山登山道の途中から獣道に入り、500m程見岳方面へ降りてゆきます。

雨のせいか、かなり道は荒れています。こちらは空照立像・足元には「昭和八年 見岳名中」と刻まれております。昭和八年にどんな方達がどうやって運んで来られたのか、その当時を知る方はおそらくもうおられないと思うのですが、どうやって作られたか、知っている人がいたら、直接お話を伺って見たいとなと思っています。

この付近は、人が定期的に来られているのか草なども刈り取られなんとなく管理が行き届いている印象がありました。

お顔は、結構現代風なんだなーと、こういう像はほとんど髪の毛の表現がないのですが、空照立像さんは坊主。なんかかっこいいです。そして手に持っている杖が新しい。やっぱり誰かちゃんと管理されているんですね。

こちらが、像の下に刻まれた文字。下の方が苔に覆われていて読めませんでした。

この立像より、少し上に戻ったところに、分かりにくいですが、分岐があります。赤いテープとブルーのテープが混在しているデボ部分を見失わないように歩いてください。

しばらく歩くと、とても巨大な岩が。。多分これが「びわ口」と呼ばれるところだと思います。この岩の下に一夜大師が収められている!早速近づいてみると、右側が思いっきり大雨の影響で崩れてしまっていて非常に危険。ゆっくり近づいている途中、私の後ろから

「わーー!すごーーい!」

と、妻の声。

みなさん、何がすごいか分かりますか?↓この写真

これに気がついた人は、お大師様巡りをやりなさいということです。

では正解を。

 

実は、私は勝手に一夜大師と普通のお大師さまの像の大きさが同じくらいかと思っていまして、岩の割れ目から見えた時は、本当にびっくりしました。私の写真の腕が悪いので、その大きさがあまり分かりにくいと思いますが、この岩。ものすごく大きいのです!(ぜひ行ってください)

こちらが、以前ご紹介した空照洞穴と並んで西有家町の秘境と呼ばれる一夜大師像です。その昔、見岳の方がセメントと砂を担いで空照さんと共に山に登り、一夜の内に完成させた弘法大師の像です。

一夜で完成させる昔の人の根性・技術には本当に驚かされます。この一夜大師のお顔は、ちょっと目が可愛い感じで、個人的には非常に親近感が湧きました。(ちょっと片眉が上がっている感じが素敵です。)

「ふみしめて、のぼる御山の岩大師、慈悲の利益を残します」

と書かれた札が一緒に収められています。

高岩山という山は、宝原から簡単に登ることができ、遠足や簡単な山登りの場所として地元の方に親しまれている山です。

今回の登山のように、昔の人の考えや信仰に触れて登る高岩山は、また違った顔をみることが出来ます。一度お大師さまにお会いすることを目的に登って見られるのも良いかもしれません。

私は、東京にいる際、正月から雪山に登ったり岩登りをしたり、とても山が好きでした。その中で学んだことは、昔の人が歩いた登山道には必ず意味があるということです。それが、生活の為か信仰の為かというのは置いておいて、必ず意味があるという所が大事だと思っています。

インターネットなどの情報がなかった時代の人は、今の人よりもはるかに沢山の事を知っています。一人一人がしっかりとした道の意味を知っていたからこそ、地元を知り、伝える事が出来たのではないでしょうか。

今回の一夜大師・空照立像の訪問で「西有家新四国八十八ヶ所霊場」に関係する全てを回る事が出来ました。その道のりの中で、出会った人、見た事や聞いた事、その一つ一つの事柄が八十八ヶ所霊場巡りの持つ意味なのだと思いました。

 

 

誰も知らない産業遺産

先日のこと

「西有家八十八ヶ所霊場」の写真を1番札所から撮影し直すことにしました。土曜日はとても日差しが強く、全身から汗が吹き出してしまい、熱中症になるのではないかと思うほど。。

よく晴れた日で、熊本まで綺麗に見える日でした。西有家八十八ヶ所霊場の六番札所(下八田付近)の撮影をして車に戻る途中に近くで作業をしているおばあさんに話しかけられました。

「鬼塚さんでしょ?」と。「いえ小田です」

みたいな感じで始まったと記憶しています。このおばあちゃんは西有家八十八ヶ所六番札所を管理しておられる方で、ちょうど花を変えたところだったので、写真を撮ってもらえて嬉しいとおっしゃっていました。そんなおばあちゃんの背後に「製糸工場」という看板が見えたので、「糸屋さんなのですか?」と話しかけてみると、

「今はもうやってないけど、昔は糸の工場をやっていたよ」

「機械は当時のまま残ってるから、見ていく?」

と中へ誘っていただいきました。とっても興味があったので、

是非!!

という感じで着いて行くと、想像をはるかに超えた世界が。。。

続きを読む 誰も知らない産業遺産

悠久の時とハサミと理容院

35℃近い強い日差しを久しぶりに浴びた。そろそろ島原半島に本格的な夏が来るのだと思うと、とても嬉しい気持ちになる。

夏に似合わない無造作に伸びた髪を切ろうと思っていたら、じいちゃんと買い物にいった時の会話を思い出した。

「94歳にもなって、床屋さんやってるあいつは凄いなあ。」

ふと漏らしたじいちゃんの言葉。

「え?94歳で現役の床屋さん?」

そうだ、その人に切ってもらおう。

そう思いつき、西有家町の商店街へと向かった。

小・中学校の通学路だった商店街も今は人通りも少なく、とても静かな町になっている。その商店街の須川フェリーターミナルの見える角を曲がった所に「水江理容院」は有る。

ワクワクとした気持ちで、早速入って見ることにした。

続きを読む 悠久の時とハサミと理容院

島原半島が本気になる季節

みなさまこんにちは!!

島原半島の気温はグングン上昇し、セミやら何やらがチラホラ見受けられるようになってきました。

暇を見つけると、釣りに行ったりしていますが透明度が非常に高く、素晴らしいくらいに綺麗です😀最近は春のアオリイカを狙って釣りにいきますが全く釣れない・・・。

そんな時は、根魚を狙って味噌汁の具にしてやります!!さらに簡単に釣れて、しかも美味しい魚がそろそろシーズンになりまして時間のある時はしょっちゅう行ってます!それがこの魚。

そーです!魚に喜ぶと書いて「鱚 =キス!」みなさんにお配りすると文字通りとっても喜ばれます!!うちの奥様はもともとあまり鱚が好きじゃなかったようですが、コッチに来て認識が一変!笑いながら食べてビール飲んでます😀やはり天ぷらですね。

揚げたての天ぷらはサクサクで、ついついビールが何杯も入ってしまいます。。餌代は砂虫(えぐい)と投げ用の針位で、エギングロッドで代用します。最近思ったのですが、エギングロッドって一番使いやすい??イカも釣れるし、キスもメゴチもカサゴも釣れるし。。お得かもです!

そんなことより、島原半島では色々な食材がどしどし出てきています!潮汐表を見ながら休みの日と干潮時間を見て。浜に行くと

マテ貝です!!塩を持って浜で穴探し。穴を見つけたら塩を投入。満ち潮と勘違いしてニョー!!っと出てくるマテ貝をつかみ取り。これが以外とハマります!見た目はクセが強いですが味は最高😀 一日中遊べますが、取りすぎないようにしましょう。

最近は、長崎県の野菜を色々と調べながら休日を過ごしていますが、そろそろシーズンインのこれ。

栗かぼちゃ「栗将軍」です!栗のような甘〜い果肉がクセになる。6月から本格的な収穫になりますので、楽しみです!長崎県産はちょっと高いですが、美味しいです!!

他にもたくさんありますので、さーっと紹介します。

ヤングコーン(オーブンで激甘)

ジャガイモ(ジャガイモの風味が通常の倍以上)

これはレモンです。黄色くないけどレモンです。(割りものに)

古代豆(味噌汁に入れて食べました)

とにかく、都会にいると食すことの少ない食材で溢れており、毎日が健康体です!

また、最近お世話になっている方から、そうめんや中華麺をいただきとてもツルツルしてて美味しいですよ。

豆乳+味噌+ごま+ラー油 そうめん

手延べの中華麺は味が濃くてツルツル美味しい。冷やし中華にしました。

島原半島は素晴らしいですよ。

では今回も「勝手に広告シリーズ」で、また次回。

あたらしく目に入る景色が、困ったことに一番になってしまう。